上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今週は、筑波山神社へ、行ってきましたー。
建物自体が古く、かなり立派な作りで、
おぉぉぉ!!!!と思わずシャッターを切りました。
130525b.jpg130525a.jpg
そして、ふと、案内図を見たら
「楠正勝公の墓」というのが出ており、
???だれ???ってこともありましたが、探してみました。(ひっそりとたたずむ場所にあり)
130525d.jpg130525c.jpg
そして、とりあえず、帰ってから調べるかーってことで、調べたのですが
そこでもやっぱり、諸説あり分からず・・・。

ただ、わかっていることは、北朝・南朝の時代の話としては、よく分からないが
虚無僧の祖としては、確かな痕跡はあるらしく、
一般的に「虚無僧」=「尺八を吹きながら、籠みたいなのををかぶって行脚修行」って
姿の祖であるなら、一つの歴史を残した人だなぁということで、
とりあえず、手を合わしておきました。
ただ、帰ってきてふと思ったのですが、「手を合わす」でいいのか??
十字架を切るのではないと思うが、よくわからない・・・。
まぁ、でも、こういうのは、気持ちを込めていれば良いだろうと思っておこう。

さて、その後、小田城へ向かいました。
「小田氏」といえば、私が戦国武将で好きな武将のひとりであり、
とにかくこの、小田城を巡る戦いは、すごいのです。
小田氏治(小田天庵)という戦国大名がおり、その人が中心となる
話は、調べるといろいろ出てきますが、
特に小田城は落城しまくります。
「しまくります」というのは、この小田氏、戦績はとにかく
負けばかり。勝つことが数回。
ただ、いつも家臣や領民がお城を奪還してくれて、
毎回小田城へ返り咲く。
(1572年に落城してからは、奪還できませんで、結城秀康家臣で終わります)
ただ、この人は、とにかく負ける。負けるのですが生き残る。
その生き残り方が、いわゆる「支えられて生き残る」ってのが
あまりに凄くて、好きなんですねー。
で、この遺構があるってことで、小田城跡にいってきました。
130525e.jpg
・・・・ないですね・・・・なんにも・・・・。

ってことで、言ったってことだけでも良いとします。
せめて、なにか・・・とおもったら、パンフレットあったのでもらったw
スポンサーサイト
こんばんは、真田です。

最近、またインしてないといわれそうですが、
確かにしてません。

というか、真田さん、パソコン着けると、
何故かアメーバピグをして夢中になって
カフェ経営してます!

り、料理ゲームは、鬼門です。

さて、休みは趣味である歴史探索に。
今回は、難波田城へ。

川越の夜戦という、戦いの負けた側の武将に、難波田善銀さんというひとがいましたがその人のお城でした。

で、歴史に触れながら、そのまま川越に。

日本一長いフガシを買って帰えりました。

ともさんは、大満足です(^_^ゞ
はいっ!!!アップですw
っていうか、ネタが切れたので、GWにいったときの
写真を載せてみる。

えっとね・・・・。

「野武士まるちゃん」です。
20130513a.jpg
GWに野武士さんのところへ、遊びに行きましたーーー。
ほとんど、毎年恒例になっている気がしますwえぇ、お邪魔するために行きます!!!
そして、ともさんは、まるちゃんがカワイクて~・・・・ってことでw

130513d.jpg
伊達政宗公騎馬像(2代目)は、青葉城址に鎮座していました。
斜めからとる姿は、りりしい!!
130513c.jpg130513b.jpg
片倉小十郎で賑わう?白石城にも行きました。ここで注目すべきは
観光客が女性ばかり。
・・・・そうか・・・・これか・・・・。

片倉小十郎プロジェクト
http://www.city.shiroishi.miyagi.jp/section/kikaku/m2k/
そう・・・BASARAだらけでしたwwwww
あと、片倉さんのお城に行く目的は、ぶっちゃけ
片倉さんなんてどうでも良くて、仙台真田家のゆかりの・・・ってのを
探しに行ったため。
そう、真田幸村の息子と娘など子孫は、片倉家に匿われて育ち、
一時は、片倉姓に。その後、真田姓を名乗って仙台真田家として、
幸村さんの血筋が残っているという・・・・。
そんな地域なので、行ってきた次第です。楽しかったですねぇ~♪
更新頻度が減っております・・・。
元気にしておりますよー。真田です。こんにちはー。
... 続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。