上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東大寺、大仏殿。

そう、それは奈良にあります。
こんにちは、真田です。
えぇ、やっと旅行の話がかけました。
本日は、奈良・東大寺のお話を。
東大寺の歴史は古く・・・・って続けると、長いので、そこはWikiでもみてもらうとして、
なんとなく、戦国が学べるBlogを作っている?私としては、
やはり「戦国時代の永禄10年10月10日(1567年11月10日)」という、なんか10が並ぶ日?
に燃えたといわれる、東大寺大仏殿の火災でしょうか。
そう、かの信長が「この老人(松永久秀)は常人には出来ぬ天下の大罪を三つ (主君殺し、将軍殺し、大仏焼き討ち)も犯した」
と、家康に説明したとか何とか・・・・。
まぁ、別に大仏を焼き討ちしようとしたのは、松永久秀なのかといわれると、
通常、攻められる側が、落ちるために、周囲に火をつけて、火にまぎれて逃げることが多いので、
松永軍が火をつけたのか、それとも三好軍が火をつけたのかは分かりません。
ただ、東大寺というところは、もともと三好軍を保護していたのでしょうから、
信長の比叡山同様、攻めただけということでしょうか。
DPP_0028.jpg
DPP_0029.jpg
ちなみに、そこで見学してから、御茶屋さんへ行きました♪
DPP_0037.jpg
おいしゅうございましたよ^0^vくずきりと、わらび餅ウマーでした。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://freiegesellschaft.blog51.fc2.com/tb.php/1102-367f24ac
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。