上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
えっと、やっぱり、真田です。
こんにちは。
京都の目的のひとつは実はここに行きたかったから。
ともさん的には、やはり晴明目的。
真田さん的には、神社VS商売
※武さん必見ですw
まず、どんなところかというと、わりと行きやすいところにあります。
ってことで、こんな鳥居がどーん!!
IMG_4240.jpgIMG_4241.jpg
やっぱ、なにかいつもの神社と違って、そう、陰陽師!!!って感じがして、
独特な雰囲気が出ています♪

で、奥に行くと、色々と、みせものがありまして・・・えぇ見世物とあえて言うのは、
明らかに新しいレプリカばっかなので・・・こう、歴史は感じられず・・・。
いや、綺麗にしただけかもしれませんがw
IMG_4239.jpg
IMG_4245.jpg
でも、知っている人は知っているエピソードのものなので、これはこれで、ありです!!
で、この桃。なんか由来が書いてあったのでよんでみた。
IMG_4246.jpg
古事記 日本書記 桃太郎伝説にあるように、古来陰陽道では、
桃は魔除け厄除けの果物とされています。
厄年の方に限らず、自分の役をこの桃に撫でつけてください。

おぉ!!!!!・・・・・・ん??なんか良く見ると、小さい文字が。
なになに・・・・。老眼でみえ・・・・・・

【なお、桃の実をあしらった厄除守をおわけしております】

・・・・・・これ、由来に書くものなんですかね??
はじめてみたよ・・・・。ってか、むしろ、これこの桃に撫でつけるから
効果があるわけで、レプリカもっても・・・厄を肌身は出さずつけるのかな??

なんか、お金のにおいがします!!!真田的にはウキウキ。
ともさん的には、意気消沈・参を受けたみたいです。

で、ドキドキしながら出て、もうネタはないなぁ残念;;
外にいると、ふと気になる看板が。
IMG_4249.jpg

・・・・・えっと、読むのめんどいが、簡単に言うと、
隣の土産物屋は、神社でお払いしていないので、あんなの買っても意味ないし、
そんな古事記・・・じゃなかった乞食商売なものなんてのを
神社にいれるんじゃねぇぇぇ!!!
って気持ちで書いたかわかりませんが、そういう気持ちが真田的意訳がされましたw

で、そうか・・・この神社、自前のものしかお祓いしないから、俗世間のみやげ物は
みとめないのか・・・と思ったら・・・・。

IMG_4250.jpg

・・・売っている物ってさ・・・違いがあんまないんだけどね・・・・・。

ってか、この神社、桃もさることながら、境内で記念品を普通の人が売っているし、
(巫女さんとかでもなく)
さらに、いってみりゃわかるけど、
「芸能人の絵馬がずーっと古いものから、飾られているとかしてるし」
初めて、商売繁盛神社をみました。

私が思うに、ここでは、商売繁盛、流行便乗祈願には、もってこいの
神社であり、寄進すると御利益が(神社に)あるので、
興味をもたれる方は、ぜひとも参拝を。

真田的には、あの神社。違う意味でよかったです。

P.S.
・・・・さすがに、あそこで水がのめるとか書いてあったのですが、
厄がつきそうなので、辞めました。あと桃も触っていません。
だって、あんな公認のみやげ物屋の製品を全部お払いしているとも思えないし、
していたとしても、ダンボールのままでやっているだろうから、
お払いしたダンボールを買わないと行けなさそうだし(笑)

桃太郎伝説は、きっとオニの財宝を奪って、神社に寄進したというお話をさらに創作したに違いない。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://freiegesellschaft.blog51.fc2.com/tb.php/1107-13317a46
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。