上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
念願の・・・・じゃんがら念仏踊りの由来のひとつである
澤村神社へいってきました!!!

澤村神社。
ここで見る人の大半は、知っている人と関連します。
そう・・野武士さんの名前と関連する
澤村勘兵衛勝為」さんの神社です。
長くなるので、興味があれば名前をクリックしてください。
詳細はそこで・・・。

簡単に言うと、治水工事の神様ですかね。
個人的には、ふつうはできないきっかけを、そこでやったということで、
ひょんなきっかけで、調べた、じゃんがら念仏踊りから、
ここにたどり着き、念願かなって行ってきました!!
2012_08_16e.jpg2012_08_16a.jpg2012_08_16c.jpg
そう、案内役は野武士さんの先導で!!
ってことで、野武士さんに、説明してもらいつつ、楽しんできました。
また、澤村勘兵衛さんが関わった水路も、この神社をぐるっと回っているように
作られており、ちょっと感動しました^0^
2012_08_16d.jpg

実はこの澤村勘兵衛さんが作った水路ですが、歴史的価値だけじゃなくて、
技術的価値が高い水路なんです。特に取水堰というのですが、これが
独特でして、「斜め堰」という手段をとっております。
この構造をとるがゆえに、修繕コストがかからず、安定的に取水ができるという素晴らしさが
あるそうです。
そして、この人が凄いのは、死んでからも、その計画書があり、愛谷堰は、その計画書を元に
三森治右衛門さんが、あほ領主にしかたねぇから頭下げてやらせてくれぇぇと訴えて
着工したようです。

この効果は、
小川から四倉まで30km、31ヶ村に およぶ。愛谷江は愛谷村から沼之内村まで23ヶ村を潤した。
とあるように、その効果は凄かったと思います。

ちなみに、水路を見たのですが、むっちゃ水流が強く、ちょこっと驚くくらいでしたよ。
なんにしても、私の中では、今回の旅。
もっとも最終日がインパクトというか満足感が高かったです。

P.S.
野武士さん、バーベキューご馳走様でした。そしてお土産もたくさん頂きありがとうです。
お米が潤いました♪


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://freiegesellschaft.blog51.fc2.com/tb.php/1210-7bbdc8a6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。