上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そう・・じゃがいも料理といえば、ジャーマンポテト。
黒ビールとソーセージとジャーマンポテト
それに、チーズと生ハムがあれば、生きていける!!!
そんな、ドイツかぶれな日本人を自称していた時期のある真田です。
こんにちは。
さて、とあるBlogでジャガイモ中毒っぽいことが書いてありましたが、
じゃがいもの中毒は舐めちゃいけませぬ。

ジャガイモ中毒は、小さかったり(発育不良)、皮が青かったり、
また、芽の部分などには、熱かけても消えない毒があるので、
注意が必要です。あと、生煮え状態で食べるのであれば、
あく抜きしてから食べましょう。できれば、新じゃがで。

じゃがいもは、別に生でも食べれるのですが、
芽などはちゃんと取ることはモチロン、あく抜きは重要です。
って、聞いたことがあります。
なお、ワタシハジャガイモのサラダを作るときに、
新じゃがをつかって、やったりもしますが、
あく抜きしちゃいます。あく抜きすると、生じゃがの
しびれるような舌触りがないので、たぶん、毒気は
なくなっているんだと思う。
ポイントとしては、水道水で20分つけたあと、
塩水さらにつけちゃえば、塩気がほんのりついて、
サラダにもってこいでした。
まぁほうれん草も一所に塩水につけちゃいますがね。

ニョッキも好きですが、ジャーマンポテトくらい
短時間でつくりやすく、主食で食べれるものはないので、
じゃがいも料理は、もっぱらジャーマンポテトでした。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://freiegesellschaft.blog51.fc2.com/tb.php/445-cf5130d6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。