上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
信onネタではなく、もはや歴史・旅行ネタになっていますが、
すんません・・・。
松本城内の展示物は結構、いろいろありました。まぁそれ以上に、
中を歩くほうがすごかったです。ちょうど見学してた時間の気温は37℃。
もはや体温よりも高いですが、じつは天守閣の最上階は
かなり風があり、すごく涼しいんです。
まぁ・・・ただ暑いかといえば、暑いです!
P7160907.jpg
最上階の上に、こんなのがありました。
どうも、城を建てたときの神棚みたいなやつですかね?いわば??
いろいろと書いてありましたが、長くなるのではしょりますw
でも、かなり実物を見ると迫力がありました。
P7160897.jpg
P7160904.jpg
P7160916.jpg
こんな感じで、展示物などがあり、もう鉄砲萌えな人は天守&資料館はお勧めです。
刀はあまり良いものがなかったですけどねw
なんで鉄砲???って思ったんですが、どうもこれ理由がありまして、

松本市出身の故赤羽通重・か代子夫妻が松本市に百四十一挺の火縄銃と関連資料を寄贈されたのが
きっかけなようです。
・・・単位がね・・・・漢字で書くとあまりイメージが・ですが。
アラビア数字でかけば、141挺の火縄銃。
・・・これって個人レベルなのでしょうか・・・ってくらい収集しまくったようです。

なにより鉄砲の種類がたくさんすぎる!!あと、鉄砲を分解していたり、
中身の引き金部分の状態が見れたり、からくりの説明とかあったり、
もう鉄砲満載です。一般的な展示という枠を超えた説明を
分かりやすく書いてあったりするので楽しかったです。
P7160921.jpg
P7160922.jpg
こんなのもありました。これみて最初「ミサイル??」とか言ってしましたが、
隣のツンデレが「絵馬」ってかいてある!!(怒)
という感じ?でツッコミを入れてきましたヨ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://freiegesellschaft.blog51.fc2.com/tb.php/949-a9ec8838
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。