上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そう・・・今回の目的は・・・
P7171027.jpg
これです!!!
でも、その前に・・・・上田には、もうひとつ、戦国期ではどうしても、行きたかったところがあったんで・・・。
実は私は、真田幸村もさることながら、この人のお爺さんが好きなのです。
というか、爺さんの時代のほうが興味あり!!
ってことで、「上田原古戦場」に行ってきました。
知らないって??ぐぐれぇぇ
P7170933.jpg
実は、この上田原の戦いってのは、武田家にとって、上杉謙信と戦った川中島の戦いよりも
酷い負け戦だったのです。あまり有名ではないようですが、
当時、信玄が家を継いだばかりで、俺無敗だしぃ信濃なんて落としてヤンよー!!
って気合入れて、戦いに出たのですが、当時の信玄は、戦が下手で・・・ってことはなく、
ちゃんと兵力も考えて無謀な戦ではなかった・・・はずでした。
武田軍は8000余、村上軍は5000余とも言われている。

これは、城攻めではなく、野戦。しかも、それまで連戦連勝、士気も高かった。
ある意味磐石で戦うに近い状況でしたが・・・
信玄のクーデターを支えた実質後見人みたいな存在の
板垣信方、甘利虎泰が討ち死(当時武田四天王としての4人のうち2人死亡)。
信玄自身も怪我をしてしまうという惨敗。
ただ、村上氏側も重臣が討ち取られており、
両軍あわせて、亡くなった方は、4000とも6000とも言われ、
壮絶な戦いであったとの事です。数字はある意味歴史上の誇称もありますので
実際の数は分かりませんが、相当数の人が亡くなり、
相当なダメージを受けたのは違いありません。

この敗戦をきっかけに、各地で反武田の狼煙が上がり、武田危機のきっかけになりました。
実は武田方、結構勝っていたときは、信長よりも残虐なやり方をしまくったりしているので、
この敗戦は非常に厳しいものになりました。

この戦いの後、関わるのが、初日の松本城の土台をつくった小笠原氏が
関係していたりしますが・・・まぁ詳しくはwikiでw
P7170936.jpg
P7170940.jpg
P7170932.jpg
まぁ、個人的には、なんで信長=残虐、信玄=慈悲深い治政ってイメージになるのか理解に苦しみますが、
それはさておき、村上さん頑張った!!の戦いでした。
で、その際の無名戦士のお墓に手を合わせようと・・・・
P7170939.jpg

ないんです・・・墓と書かれた立て札だけで・・・ないんです。
移設されたのかもしれませんが・・・・・。
とりあえず、あったらしいので、拝みました。

そしてようやく、上田城へ向かいました!!
が・・・長いので、また明日にでも・・・。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://freiegesellschaft.blog51.fc2.com/tb.php/951-b93f7bb7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。